蠍は留守です考

蠍の輪郭を見つめてふける思惟の痕跡

20170509013806

2014-01-01から1年間の記事一覧

アクセシビリティを考えるためのワークショップ

Web Accessibility Advent Calendar 2014、24日目のエントリとして。去年のこの日にはポエムを書いていた。もう一年も経つのか、と驚きつつも、ちょうど一年前に何を思っていたのかを振り返ってみる。 具体的にはまだわからないけれど、何かしらのお手伝いが…

WSDをUXDとして捉え直してみる(一歩目)

UX Tokyo Advent Calendar 2014、15日目のエントリとして。 普段、自分の活動や仕事にUXという冠を掲げることを好まない。だが、ワークショップのデザイン(WSD)をする時は例外だ。純粋に何かを「体験」してもらうための時間をデザインするのがワークショッ…

ワークショップ形式で思考の旅をする deCAFE シリーズ、好評継続中

大人向けワークショップ形式のイベント「deCAFE」シリーズをはじめてから半年近く経った。ここまでに3回行っており、vol.3は先日の11月29日に開催したばかり。ここまでのまとめの意味も込めつつ、Workshop Advent Calendar 2014 の1日目エントリとして、deCA…

Service Design Network Japan Conference 2014 の話のようでいて、実はただのひとりごと

2014年9月14日、Service Design Network Japan Conference 2014(サービスデザインネットワーク・ジャパン・カンファレンス2014) に参加してきた。今回が2回目の国内カンファレンスで、「行動と組織のトランスフォメーション」がテーマだった。 第1回目も参…

大人にもアップデートが必要である

石戸奈々子さんの「子どもの想像力スイッチ!」という本を繰り返し読んでいるというか眺めている。 自分がこの本でいちばんおもしろいと感じる部分は、子どもたちは子どもたちのための新しい教育や新しい時代にあっという間に適応して、彼らの未来のために彼…

HCD-Netサロン「UXと組織のデザイン」

HCD-Netサロン「UXと組織のデザイン」に参加してきた。事業会社の人事担当としての取り組み、インキュベーターとしてスタートアップを育てるための取り組み、既存の組織を改編・スケールさせるための取り組みなどが聞けて大変に面白かった。 主に BEENOS 山…

ワークショップデザインに期待されるもの、のその先

「DevLOVE現場甲子園2014 東日本大会 でワークショップデザインについて話してきた」というエントリを書いたのだが、大事なことを書き忘れていたので。 発表後にもらった質問と、その答え 発表後に同じ創トラックでの発表者でもあった上平さんから「話し合っ…

DevLOVE現場甲子園2014 東日本大会 でワークショップデザインについて話してきた

DevLOVE現場甲子園2014 東日本大会で、ワークショップデザインのことを話してきた。「ワークショップ」ではなくて「ワークショップデザイン」にフォーカスを寄せて。 持ち時間20分の中で、できるだけワークショップデザインの全体が見えるような話にしたかっ…

deCAFE vol.1 を開催しました

ひと月ちょっと前の5月30日、deCAFEというイベントを開催した。勉強会とは違う「気づき」を得るための時間を意図して企画した会だ。 初回である deCAFE vol.1 は主に「デザイナー向け」のワークショップとして位置づけ。その理由は、以前行われたデザイナー…

神保町駅構内の公衆電話

神保町駅構内の某所には、剥き出しの公衆電話がぽつんと置いてある。最近は公衆電話をあまり見なくなったが、昔はこういう形でたくさん並んでいた。 あんまり気にしたことがなかったが、壁から電話線と電源を引いている。今でこそ電源命の毎日だが(ノマド的…

君は新宿ビッグバンを知っているか

大江戸線の新宿駅構内に、正体不明なポエムがある。何者なのか、本当に正体が不明。ちょっとググってみたりもしたのだが、ちょっとググったぐらいじゃ到底わかりっこない深淵にそのポエムはある。 テキストを抜書きしたものが以下。 新宿ビッグバンそこは始…

パワーの源は人それぞれ

人と会うことで自分のパワーを増幅させていく人。人と会うことで自分のパワーを消耗する人。 というような書き方をすると、後者がネガティブに捉えられる気もするけど、後ろ向きな意味でそう言いたいわけではない。どちらも個性であり特性であり、一長一短あ…

TOKYO DESIGN EXERCISE 第5回:「伝える」を「つなげる」

東京都が主催する講座「TOKYO DESIGN EXERCISE」第5回。肩書を「商人」と名乗っている株式会社コンタンの鈴木正晴さんのお話。 作り手と使い手の出会いの場である日本百貨店と食品専門館のお話を中心に聞いたのだが、とにかく話が面白い。鈴木さんの人柄なの…

TOKYO DESIGN EXERCISE 第4回:ライフスタイルを編集する

東京都が主催する講座「TOKYO DESIGN EXERCISE」第4回。CLASKA Gallery & Shop "DO" のプロデューサー・大熊健郎さんが講師の回だった。インテリアショップIDEEに14年勤務した後、全日空の機内誌「翼の王国」の編集者になられてるというのが面白い。 CLASKA…

バブルバスの手すり

公衆浴場のバブルバスの湯船で、手すりの形にちょっと感心したことがある。 バブルバスの浴槽というのは、ひとり1スペース的な感じで、湯船の中が手すりで区切られているタイプのものが多い。あの隣り合ってるスペースの間にある手すりが二股というか、ダブ…

暇と可処分時間

私にとっての「可処分時間」は誰かのための「暇」じゃない。同時に、誰かの「可処分時間」は私のための「暇」じゃない。この感覚が理解できない相手と時間を共有するのはつらい。 限りある人生の中で、巡り合ったりすれ違ったり再会したり。それぞれの時間の…

無印行かなきゃシンドローム(仮)

無印に行かなくちゃ、無印に行かなくちゃと思ってやっとやっと来たのに、何を買うのかちっとも思い出せない現象に、適切な名前を付けたい。名前を付けて、そのような現象を丁寧に供養して、二度と現世に現れないようにしたい。 それは定期的に訪れる。「あっ…

空飛ぶ紫の馬

子供の頃、紫色の馬の絵を描いたことがある。通っていた幼稚園で、絵皿を作る時間だった。自分と自分の好きなものを自由に描きなさいと言われ、私は空想の世界でいたらいいのに、と思う空飛ぶ紫の馬を描いた。 結果、先生に「紫の馬なんていないのよ」と長い…

ホワイトボードマーカーの話

ホワイトボードが好きだし、ヌーボードが好きだ。そんなこんなで、マーカーをいくつか持っている。持っているものを使ってみたうえでの感想を紹介したいと思った。 ヌーボードには欠かせない主力選手 コクヨとパイロットのイレイザー付マーカーは外せない。…

TOKYO DESIGN EXERCISE 第3回:関わるすべての人が豊かになるデザイン

東京都が主催する講座「TOKYO DESIGN EXERCISE」第3回。今回の講師は地場産業とのコラボレーションを数多く手がけてきたデザイナーの山田佳一朗さん。 「関わるすべての人が豊かになるデザイン」というテーマの中で、「商品開発」と「販売促進」の循環が高い…

文明なんて一瞬でロストできる

私は書物が好きだ。書物の佇まいとか手触りとか、そういうものが好きだ。なんていうか、情報が詰め込まれている何かが好きなのだ。だから博識な人も好きだ。本棚も好きだ。書店も好きだ。図書館も好きだ。子供の頃、図書館に通うのが、何より楽しみだった。 …

アラブ人が連れて来られた時のソリューション

宅の主人とごはんを食べるために先にお店で待ってたら、「お待ち合わせのお客様ですー」と言ってアラブ人が連れて来られたことがある。 そんな時どんな顔をすればいいかのソリューションを、私は持っていなかった。 適切なソリューションを持たず、まったく…

わたしのマチオモイ帖

3.11のこと、あの日のこと、思い出す。あれからの日々のこと、思い出す。 あれから自分が何を見つめて何を見つめてこなかったか、それは近しい人だけが知っていればよいことだけれど、日本中で(もしかしたら世界中で)、いろんな人が同じようにあの日のこと…

教養のこと

いろんな場面で、教養ってなんだろうねって話をすることがある。 まだうまくまとまっていないのだけど、何度か話をしていく中で「それは色合いの違う知識や体験が地層のように何層も重なっていく先にあるものなのかもしれない」…というのがしっくりくるよう…

TOKYO DESIGN EXERCISE 第2回:「産地を次世代につなぐ」という実践

東京都が主催する講座「TOKYO DESIGN EXERCISE」。第2回目は、LOCAL STANDARD の大木さんのお話を伺った。LOCAL STANDARD さんは、「ここだからやらねばならないこと。ここだからできること。」を考える会社。現在「ワインツーリズムやまなし」の総合プロデ…

遅ればせながら出会った「知の逆転」

最近の中で最も「なんでもっと早く読まなかったんだろう」と思わされた書籍、「知の逆転」が本当におもしろかった。そもそもこの本の存在を知らなかったので、やっと出会った感じがある。もし存在を知っていたら、たぶんその時にすぐ読んでいたはず。 なぜな…

謎の会合でいろいろなことを教わった

都内某日、謎の会合が行われており、そこに参加している人がどんな話をするのか聞きたくて、ちょろっと潜入してきた。 会の詳細については横に置いておくとしても、場に持ち込まれた魅力的な書籍、話題から垣間見える参加者の思想、それを交換することによっ…

TOKYO DESIGN EXERCISE 第1回:デザインと地場産業における協業のあり方

現在、東京都が主催する講座「TOKYO DESIGN EXERCISE」を受講している最中である。今年度は「地域」がテーマということで、キーワードに惹かれて申し込み。全8回分に参加予定だ。 先日に初回講座が行われ、セメントプロデュースデザイン・金谷勉さんのお話を…

「ヤマケン展2014 - 長テーブルから生まれたこどもたち」に行ってきた

先日、ヤマケン展2014にお邪魔してきた。昨年度のヤマケン展もとても素晴らしかったので、行く前から楽しみにしていた。あいにく参加したかったワークショップには間に合わず、残念。 気になったものや素敵なものばかりで、すべてを紹介したいぐらいだけど、…

花粉は公害!!

※このエントリは花粉症患者の戯言です。 なんていうか、花粉症って、ある種の公害と言って差し支えないと思う。この季節に体調を崩すなって言われる方が無理だし、パフォーマンスは確かに落ちる。公害由来のアレルギー症状で毎日微熱が続く感じである。微熱…

益子の人と暮らしを伝える本 ミチカケ

よく行くお店に、ちょうど私がいいなと思うタイプのフリーペーパーがちらほらと置いてある。中でも素敵だなと思ったのは「益子の人と暮らしを伝える本 ミチカケ」。フリーペーパーとはいえ、立派に「本」の風格。 2013年9月 創刊号ミチカケ風土とともに、月…

折れ線グラフという和訳がすごい

どうでもいいことかもしれないのだが、ずっと Line Chart に対する折れ線グラフって和訳はすごい発明だな、と思っている。なんといっても「折れ」のところがすごい。 折れ線グラフ(おれせんグラフ、英: Line chart, Line graph)は、散布図の一種であり、プ…

HCD-Net「理解のデザイン」

先日、HCD-Net のセミナー「理解のデザイン〜コミュニケーションをデザインする〜」に参加してきた。コンセント長谷川さんのこの分野のお話が久しぶりに聞けた。 内容については自分なりに刺さったことを挙げるだけに留めたいが、まず一点は「人は見えるもの…

DevLOVE.Visualization#02 「ビジュアルコンプレキシティ -The Power of Visualization-

先日、DevLOVE.Visualization#02 「ビジュアルコンプレキシティ -The Power of Visualization-」というイベントに参加してきた。「ビジュアル・コンプレキシティ」という書籍の著者であるマニュエル・リマ氏がいらっしゃるというのが参加の動機。生でお話を…

CSS Space@秋葉原に行ってきた

打ち合わせに出た帰り、せっかくなので知人が運営している CSS Space に寄って仕事してきた。CSS Space =ちゃんと仕事するスペース。「ちゃんと仕事をする場所」をコンセプトにしたノマド&コワーキングスペースとのこと。 玄関入ってすぐの本棚には、巷で…

CSS Nite「Webで使うIllustrator、そして明日から使うSVG」

みなさんはお気付きでないかもしれないが、実は私はSVGが好きだ。包含するものを損なわない感じ、データとして差分が取れる感じ、何もかもが好きだ。SVG、大好きだ。 さて、CPI x CSS Nite「After Dark」(7)『Webで使うIllustrator、そして明日から使うSVG…

ノンプログラマーがコードを書く必要があるのか問題

ノンプログラマーな職域の人(デザイナーやらIAやらがそれに当たるのかな)が実際コードを書く必要があるのか? という問題について、思うこと。書く必要がある人とそうでない人といると思うし、それを決めるのは本人と環境だと思う。もはや一般論には落とせ…

概念、言葉、ジェスチャー

先日、とあるワークで頭を抱えるほど難しいお題を出された。 「離島の秘祭情報を調べて集める」という内容を、言葉を使わずジェスチャーだけで表現せよ。 これには久しぶりにガツンとくる感じがあった。できない。ジェスチャーで表現、できなかった。ちなみ…

とあるマクドナルドにて

ある日のこと。小用で行き慣れた某所のマクドナルドへピットイン。今のマクドナルドの期間限定メニューはアメリカン・ビンテージ。ふと、いつもより賑やかな壁が気になった。 これ、全部この期間用のアートワークだ。このスペースだけではなく、向こうの方ま…

電子ファインダーと小さな絶望

ミラーレスカメラの電子ファインダーをしばらく使ってみて、小さな絶望を感じている。ファインダーに対しての絶望ではない。こんなはずじゃない感じの自分に対してである。 電子ファインダーを覗く時、まず、アナログカメラの時には感じなかった混乱がある。…

Sketching User Experiences: The Workbook

ここのところまた引っ張りだして、たまに眺めている本がある。それが Sketching User Experiences: The Workbook。もうだいぶ前の本になるなーと思っていたのだけれど、たった3年くらい前だった。月日が経つのは早いものだ。 ざっくり言えば洋書になるのだが…

足を運ぶこと/足を運ばなくて済むこと

手を動かせとよく言うし、まだまだ手を動かし足りないと思うことがある。けれど、今の私にもっとも欠けているのは足だと感じている。足を使うこと。運ぶこと。これが圧倒的に足りてない。 手を動かせる人が現場に行くのが、何より早い。ここで言う現場はオフ…

卒業旅行とディズニーランドによせて

電車の中で、年若い男女の会話が聞こえてきた。 男子「卒業旅行、ディズニーランドに行きたかったけど、結局行かなかったなー」女子「ひとりでいけばよかったじゃん」男子「なんでだよ、一緒に行く女の子がいなかったら行く意味ないじゃん」 男の子は特にデ…

Fearless Change アジャイルに効く アイデアを組織に広めるための48のパターン

アジャイル界隈の人ならたぶんみんな大好きリンダ・ライジングさんの著書「Fearless Change」の翻訳本が出た。さっそく読んだ。 「Fearless Change アジャイルに効く アイデアを組織に広めるための48のパターン」という邦題で、川口恭伸さんが監訳。表紙デザ…

おしゃれな空間、場所の可能性

だいぶ前のこと。行きつけのコーヒー屋さんが混んでいたので、おとなしく順番待ちをしていた。その時に、前のお客さんが話していた内容が興味深かった。 「こんなに狭くてもおしゃれな空間が作れるのね」「うちの(注:文脈から察すると、故郷の田舎という意…

俯瞰できない自分とアンケートの関係

先日、何かを主体的に楽しんでいる時、その対象については俯瞰できない瞬間がやっぱりあるんだなぁと実感する機会があった。どちらかというと俯瞰的な見方が苦手な方ではないと思うのだが、状況によってはどうしてもそれに徹しきれない瞬間がある。 イベント…

選挙事務所はアジャイルでスクラム

少し前に、選挙事務所はアジャイルだしスクラムだねという話をしていた。きれいに当てはめることはできないのかもしれないが、そういうことなんだなぁと、すごく腑に落ちている。 ごく若い頃、いろいろな縁あって某選挙戦の舞台裏、いわゆる選挙事務所の動き…

ワークショップで使う「色」のこと

ワークショップでは大人向け・子供向けによらず、よく「色」を使うと思う。しかし、色覚特性に言及が及ぶ場面は少ないなと思う。特に子どもに関しては、「色」が重要な意味を果たす場面が多いような気がしていて、そのあたりのケアを気にしながら見たりして…

地域を変えるデザイン――コミュニティが元気になる30のアイデア

ずいぶん前から「地域を変えるデザイン――コミュニティが元気になる30のアイデア」をちまちまと読んだり読み返したりしている。タイトルにデザインと入っているけれど、様々な場所で暮らしを営むすべての人が好ましい気持ちで読める本なのではないだろうか。 …

CiNii 課金からの、インターネットバンザイ

昨年から、CiNii という国立情報学研究所の論文データベースに課金している。課金、という表現が適切すぎる。仕事で必要な論文を読む... なんてことはほとんどなく、趣味の領域で読みたい資料にあたるための完全な趣味課金である。 CiNii(NII論文情報ナビゲ…

Copyright © Hitoyam.