蠍は留守です考

蠍の輪郭を見つめてふける思惟の痕跡

20170509013806

カンファレンス・フォーラム

Service Experience Camp 2018 に参加して(3)――特に印象に残ったこと

この記事はこまどりさん主宰の Service Design Advent Calendar 2018 8日目のエントリーです。 2018年11月2日・3日の2日間、ベルリンで行われた Service Experience Camp 2018 に参加してきた。その参加レポート的記事を3つにわけて書いていて、今回は最後に…

Service Experience Camp 2018 に参加して(2)――オープンセッションまとめ

この記事はこまどりさん主宰の Service Design Advent Calendar 2018 7日目のエントリーです。 2018年11月2日・3日の2日間、ベルリンで行われた Service Experience Camp 2018 に参加してきた。その参加レポート的記事を3つにわけて書いていて、今回はその2…

Service Experience Camp 2018 に参加して(1)――コ・カンファレンス概要

この記事はこまどりさん主宰の Service Design Advent Calendar 2018 6日目のエントリーです。 2018年11月2日・3日の2日間、ベルリンで行われた Service Experience Camp 2018 に参加してきた。以前からずっと行きたかったイベントなので、念願が叶った形だ…

Service Design Hong Kong 2017 に参加して(2)――印象深い参加体験の分析

2017年10月19日・20日の2日間、香港で行われた Service Design Hong Kong 2017 に参加してきた。カンファレンス概観と感想についてはひとつ前の記事に書いたが、こちらでは印象深い参加体験についての分析を残しておきたい。 前記事から繰り返し述べているよ…

Service Design Hong Kong 2017 に参加して(1)――カンファレンス概観と感想

2017年10月19日・20日の2日間、香港で行われた Service Design Hong Kong 2017 に参加してきた。たまたまSNS経由で知って単独で申し込みをし、後にインフォバーン京都のエスベンさん、山岸さんも参加することを知った。つまり日本からの参加は3人であった。 …

第3回Xデザインフォーラム「プレイフルな学びとオープンなデザイン」

2017年9月24日、第3回Xデザインフォーラム「プレイフルな学びとオープンなデザイン」に参加した。結論から言うと、全体を通してかなり熱量の高いすばらしい回だった! 情報デザインフォーラム/Xデザインフォーラムはいつもおもしろいが、個人的には過去に例…

How to Explore Future Experience

台湾と日本の学生による台中交流工作坊 Cross-Cultual Workshop に参加した次の日、新竹市にある工業技術研究院で行われた「How to Explore Future Experience」という講演会を聴講した。 山崎和彦先生とDer-Jang 氏の講演のあと、パネルディスカッションが…

第16回 情報デザインフォーラムのメモ

2015年4月29日、第16回 情報デザインフォーラムに参加してきた。今回の全体テーマ設定は「『つくる』を『つくる』」。つくるということについて、情報デザインの視点で考え直す機会となった。 情報デザインフォーラムは「コミュニケーションデザイン研究会」…

Service Design Network Japan Conference 2014 の話のようでいて、実はただのひとりごと

2014年9月14日、Service Design Network Japan Conference 2014(サービスデザインネットワーク・ジャパン・カンファレンス2014) に参加してきた。今回が2回目の国内カンファレンスで、「行動と組織のトランスフォメーション」がテーマだった。 第1回目も参…

第5回ニコニコ学会βシンポジウムの裏方お手伝い

2013年12月21日、ちょっとした御縁により第5回ニコニコ学会βシンポジウムの裏方お手伝いをしてきた。日程的にはちょっとキツかったのだけれど、このくらいの規模のイベントの裏方を勉強したいのと、今回のテーマが「生命の境界」を探る研究ということで大変…

EdTech Night! 第1夜 は熱かった

2013年11月19日、目黒雅叙園にて EdTech Night! 第1夜が行われた。EdTechというのは、教育(Education)と技術(Technology)を組み合わせた造語。教育領域とIT領域が関わり合いながら、技術によって教育を変えていこうとしている人達が集まる夜となった。 …

ヒューマンインタフェースシンポジウム2013

2013年9月上旬の数日間、ヒューマンインタフェースシンポジウム2013というシンポジウムに連日参加していた。テーマが「共創」ということで大変興味深い内容だった。そして、自分的ターニングポイントかもしれないとさえ思った。 特に清水博先生の哲学的な「…

Service Design Network Japan Conference 2013 のこと、あらためて

さる5月、Service Design Network Japan Conference 2013 に参加してきた。今さら感ありつつも、書く。 SDN Japan カンファレンス 2013は、日本における初めてのサービスデザインをテーマとするカンファレンス。今回は「サービスデザインによるビジネスのリ…

セマンティックWebコンファレンス2013 参加メモ

2010年から毎年参加しているセマンティックWebコンファレンスに今年も参加してきた。 例年までに比べるとリーチできる実例や実績が増えていると感じたし、日本にもDataKind みたいな取り組みがたくさん生まれていると分かった。自然な流れでもあるだろうし、…

Big Tent Sendai 2012 に行ってきた

去る7月2日、「Big Tent 2012 自然災害と IT 活用に関する国際会議」に参加してきた。 前職で公的機関のサイト制作をしていたこと、私自身が福島生まれ&仙台近辺(名取市)にある学校出身であること、東日本大震災ではパーソンファインダーにずいぶん助けら…

セマンティックWebコンファレンス2011

今年の3月4日に行われたセマンティックWebコンファレンス2011のメモを今頃になって発見。まとめる前に311の震災があったために、そのままになって放置してあった。 脈絡もないタイミングではあるが、せっかくなので参考URLだけでもまとめておこうかと思う。 …

第2回「だれもが使えるウェブコンクール」シンポジウム

第2回「だれもが使えるウェブコンクール」シンポジウム 「だれもが使える」ウェブから、「だれもが必要とする」ウェブへ」に行ってきた。今回はIBMフェローの浅川智恵子さんのご出演ということで、大変楽しみにしていた。浅川さんに関する過去エントリも何度…

自治体Webサイト・ユーザビリティ評価2009 最終審査発表会

昨年12月に開催された自治体Webサイトユーザビリティワークショップを元に、今年の1月〜5月ぐらいにかけて「自治体Webサイト・ユーザビリティ評価2009」が実施された。 ユーザビリティの面からより専門的に、そしてより利用者目線で評価した、他には無いサイ…

TDC DAY 2010

デザインフォーラムTDC DAY 2010に行ってきた。7時間ぶっ通しのイベントだったので、メモもとても長いものになってしまった。思ったことなどをさらっとだけ書き残す。 セッション1) 和文 タイプデザイン 藤田重信さん(フォントワークス)と祖父江慎さんの出…

だれもが使えるウェブコンクール表彰式&シンポジウム

「ケータイ向けTwitterサービス『モバツイッター』とアクセシビリティ」セミナー & だれもが使えるウェブコンクール中間発表に引き続き、だれもが使えるウェブコンクール表彰式&シンポジウムに参加してきた。 当日の様子を映像で見たい方は、Ustreamの録画…

HTML5 Japanese Interest Group Face to Face Meeting

慶應義塾大学の日吉キャンパスHTML5 Japanese Interest Group Face to Face Meeting に参加してきた。HTML5 Japan IG は HTML5 の仕様や関連仕様について、日本語で行うためのグループ。 ミーティングの内容 議長の矢倉眞隆さんなどから挨拶があった後、Oper…

アクセシビリティ・フォーラム2009

日本アイ・ビー・エム株式会社 東京基礎研究所 アクセシビリティ・センターが主催する「アクセシビリティ・フォーラム2009 〜10年目のWebアクセシビリティー 次の10年に向けて、今考えること〜」に参加してきた。 メモして帰ってきた内容をざっくりとまとめ…

Copyright © Hitoyam.